スイーツ

  Weekend Café 自家製の手作りスイーツはいかがですか?

                      (価格は税込価格で表示しております。)

 

 

 

 

 

 

 

《ポティロン》

ハロウィンの季節限定スイーツ。

ほろ苦いキャラメルの味が効いたカボチャプディンの

ケーキです。                                         (380円)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《丹波栗のマロンケーキ》

フランス産のマロンクリームを使ったムースに、丹波栗の

渋皮煮が入っています。甘さ控えめの優しい味に仕上げて

います。                                                  (400円)

 

 

《ガトーダクワーズ》

アーモンドとヘーゼルナッツの自家製プラリネを

たっぷり使ったクリームを、ダクワーズでサンド

しました。周りにはローストしたアーモンドとピスタチオをたっぷり付けています。ナッツの風味を

十分に味わえる一品です。     (400円)

 

 

 

 

 

 

 

《デリス》

アーモンドを効かせた生地にフランボワーズ(きいちご)の

バタークリームをサンドしました。フランスでは人気の

スイーツです。             (400円)

 

 

 

《オールドファッションプディン》

卵と砂糖と牛乳、それにバニラビーンズのみを使い、昔ながらの製法でじっくり蒸し焼きしています。ほろ苦いカラメルをかけてお召し上がり下さい。                                         (350円)

 

 

《ミルクレープ》

スライスしたスポンジ生地の上に薄く焼いたクレープを何層にも重ね、その間に泡立てた生クリームを挟んでいます。

                (350円)

  

 

 

《チーズケーキ》
濃厚なチーズのコクとサワークリームの酸味がバランスよく調和しています。チーズケーキ好きの方にはお奨めの一品です。 

                (300円)

 

 

《ウイークエンド》

フランスロレーヌ地方に伝わる伝統菓子。表面はザックリ、中はしっとり。 程よい甘さをアプリコットが引き立てます。

                (200円)

 

 

《ショーソン・オ・ポム》

じっくり時間をかけソテーしたりんごをパイ生地で包んで焼いたフランス発祥のアップルパイです。  

                  (300円)

 

《クレープシュゼット》

熱いオレンジソースを掛けたクレープ。フランス料理のデザートとして、よくホテルのレストランで出されています。英国の王子(後のエドワード7世)はそのデザートを大変気に入り、同席した恋人シュゼットの名前をつけさせたと言われています。                                                           (450円)